PC・インターネット

マーケットプレイス

投稿日:

先日、その日発売された専門書(結構分厚い。少なくとも1日で読めるような本ではない)がAmazonのマーケットプレイスに出品されているのを発見しました。
これはどういうことなのでしょうか?


ざっと考えてみると
仮説1:著者が出品した
仮説2:盗品が出品された
仮説3:買ってはみたものの、やっぱり必要ない本だったので出品された
仮説4:謹呈本が出品された
ってくらいしか思いつきません。
仮説1は出品する著者のメリットがよくわかりません。
仮説2はすぐ足がついてしまいそうです。
仮説3は…こんなことありますかね?
結構な値段の本だったので、普通手にとってちゃんとみると思うんですが…。
自分としては仮説4が一番可能性が高いと思うのですが、どうでしょうか?
以前、謹呈本(「謹呈~先生 ○○(←著者名)」と書かれていた)が古書店で売られているのを発見したことがありますが、それはつまり誰が売ったかも一目瞭然なわけで…
発売当日にマーケットプレイスに出される専門書の謎、誰か教えてくださいませ。

-PC・インターネット

Copyright© ロテ職人の臨床心理学的Blog , 2021 All Rights Reserved.